横山裕の生い立ちは?弟が記憶喪失とは?

Pocket

関ジャニ∞の横山裕さん、バラエティ番組などではボケを
見逃さずにツッコミをしたりとトークでみんなを笑わかして
くれますよね。

そんな横山裕さんからは想像できない過去があったことがわかりました、
また弟さんが記憶喪失!?とも噂されています。

真相について追ってみましょう。

[スポンサーリンク]



プロフィール

本名   横山侯隆
生年月日 1981年5月9日
出身地  大阪府

中学3年生の時、同級生のジャニーズJrがTVに出ているのを
見て母親が「うちの子も入れるんちゃうか?」ということで履歴書
を勝手に送り、書類審査を通過。
入所日は1996年12月25日

横山裕の生い立ちは?

横山裕さんは一人っ子として生まれ、幼い頃は幸せな家庭で
育っていました。

しかし、3歳の時両親が離婚し母親と生活をします。

4歳の頃母親が再婚しましたが、横山裕さんは前の夫の連れ子と邪魔
扱いをされ祖父母に預けられました。

その後母親は義父との間に男の子を2人産みましたが、横山裕さんは
その当時一緒には暮らしてはいません。

横山裕さんは弟2人とはなじむことができず苦労したようです。

横山裕さんは小学校になるくらいまでは祖父母と生活をしていましたが、
祖父が心臓病で他界し、祖父だけで育てるのが困難になり、母親と生活
を送るようになりましたが、

義父からの暴力を受けていたようです。

幼い頃の心の傷はなかなか消えないものです、今の横山裕さんからは
想像できないですよね。

横山裕さんは母親が義父との離婚後、自身の収入で家族を支えていました。

弟の学費なども横山裕さんが払ったとも言われています。

横山裕さんが29歳の時、母親が50歳という若さで急死しています。
死因は虚血性心疾患というもの。

その時は、ソロコンサートをしていたそうですが予定通りにコンサート
を進めたようです。

何度も涙を流しながらコンサートを乗り切ったようです。

弟が記憶喪失とは?

母親の突然の急死により弟さんは記憶喪失になったとも言われています。

その弟さんがなった病気が「解離性健忘症」というもので

一部の記憶を失ってしまう病気。

数日や数時間といった具合の一部が完全に消えてしまう病気
で若い方でもなりやすいと言われています。

大きなショックを受けると脳にストレスが起こり嫌な記憶を
消すというもの。

個人差はありますが、生活に支障がでるほど失うこともある
ようです。

治療法は催眠療法や薬物医療などを行い徐々に記憶を取り戻していく
ようなことをします。

横山裕さんは弟さんを母親と思い出のある場所に連れて行き記憶探しを
行ったようです。

血の繋がってない弟さんでも愛情いっぱいに大切にしているので
思いやりのあるお兄さんですよね。

横山裕さんはとても家族思いで優しい方なんだなぁと思いました。
[スポンサーリンク]




[スポンサーリンク]



こんな記事も読まれています