大沢樹生の息子の障害は何?感音性難聴なのか!?

Pocket

ジャニーズ事務所の元光GENJIメンバーの大沢樹生の息子が
難聴障害で不安定な状態なのではないかと話題になっています。

今回は大沢樹生の息子についてリサーチしました。

[スポンサーリンク]




プロフィール

本名    大澤樹生
生年月日  1969年4月20日
出身地   東京都

日本の俳優で元光GENJIのメンバーであった大沢樹生。
光GENJI時代は「ミッキー」と呼ばれ人気もある日本の
アイドル。
光GENJI解散後は自身で株式会社ミキオオフィスの社長もしている。

大沢樹生の息子・零次は難聴障害があった

大沢樹生と喜多嶋舞の間に生まれた息子には、「感音性難聴」という音が聞こえない難聴障害があることが分かりました。

感音性難聴とは、
内耳~聴神経における故障で神経性の難聴であり、内耳で音が上手く処理されなかったり、音の電気信号を脳へ伝える神経が上手く働かないため、音の内容がハッキリしないということがある。

また息子には生まれた時から「先天性腹壁破裂」という腸が外に出てくる障害を持って生まれてきたという事もありました。

食事の際には「腸製剤」を飲み少しずつ回復に向けて頑張っているようです。

大沢樹生は喜多嶋舞と離婚しましたが、再婚するまでの3年間は男手一つで育ててきました。

しかし、そんな大沢と息子・零次には血縁関係がないという判明も出ており複雑な心境でもあります。

この話題は息子が1番辛いでしょうから解決の方向へ向かってほしいですね。

現在は立派な大人になっているそうで自分の道を進んで行っているようです。

喜多嶋舞は過去に「息子と父は別の男性」という発言もしたそうで、
本当の父親は誰なのかと話題にもなりました。

再婚した嫁には子宮ガンがあった?

現在の嫁さやかと再婚した大沢樹生。
過去には不妊治療を行っており、子宮頸がんが見つかりました。

子宮頸がんとは、
子宮頸がんは子宮の入り口に出来るがんです。子宮にできるがんを子宮がんと呼んでいますが、
子宮がんはがんができる場所によって子宮頸がんと子宮体がんに分けられます。
子宮頸がんと子宮体がんは全く異なるがんで、できる場所が異なるだけでなく、原因やなりやすい年代も異なる。

幸いにも、早期発見という事で短期入院ですんだそうです。
最初生まれてくる予定の長女は悲しい事がありましたが、2014年には元気な女の子が
生まれてきました。
[スポンサーリンク]




[スポンサーリンク]



こんな記事も読まれています